会計、内部統制、監査の専門家です。

当方は会計、内部統制、監査の専門家である公認会計士だけの個人事務所です。すべての案件に私が直接ご対応させていただきますので、責任感高く、柔軟な対応が可能だと思います。

◆ご提供サービスの紹介

1.公認会計士によるIPO準備支援業務

      • 貴社のIPO実現の確率を上げることができます

      • IPO責任者の『手詰まり、手戻り、やりすぎ』を減らすことができます

      • 当方をサポートメンバーとしてご利用ください

      • 興味ございましたら⇒◇公認会計士によるIPO業務支援

2.公認会計士による会計監査(監査証明)

      • 監査法人に頼むと割が合わないような大きくない規模の組織の会計監査(監査証明)を実施しています。

      • 興味ございましたら⇒◇公認会計士による会計監査

3.公認会計士だからこそのサポート業務

      • 企業価値評価、株価算定、事業計画策定といった会計士であるからこそ実施できる業務があります。

      • 幅広い業務に挑戦しています。もしかしたら当方なら受けることが出来る業務があるかもしれません。

      • 興味ございましたら⇒◇公認会計士だからこそのサポート業務

遠方の方とは、オンラインでの対応も承っております。当方、Google meet 、Zoom、Teamsを利用しています。

◆当方にご興味ありでしたらご遠慮なくご連絡ください

初回のご訪問/電話相談/ご問合せは無料です。ご遠慮なくご連絡ください。

①お電話 Web上では非公開(名刺には記載しています)

②メール tsutsui@tsutsui-cpa.com

お問い合せページ


◆メールでの雑談も歓迎しています。

ちょっと聞いてみたいことがあるだけ、他の会計士さんの見解を知りたい、でも営業はされたくないという方は、下記のページからどうぞ。可能な範囲ではございますが誠実にご回答いたします。匿名でも結構ですが、メールアドレスだけはお教えください。

公認会計士との雑談ページ

会計・内部統制・監査の専門家

プラスアルファアカウンティング合同会社

/筒井公認会計士事務所

筒井善徳

E-mail: tsutsui@tsutsui-cpa.com

〒612-8363 京都市伏見区納屋町136-1

ネバーランド桃山701

※Webでは電話番号非公開とさせていただいております

◆当方のご紹介

■組織

当方は代表1名のみの個人事務所です。貴方の担当は常に有資格者の私になります。

■経歴

代表:筒井善徳(公認会計士:登録番号3-021199)

洛南高校、早稲田大学商学部卒業。京都市在住。

中央青山監査法人、京都監査法人(PwC)にて13年間、会計監査業務を経験して独立。

売上高1兆円規模の上場企業から従業員20名程度の中小企業の会計監査、内部統制監査、IPO指導、学校法人監査(幼稚園)、経理財務コンサルティング、会計コンサルティングを実施。製造業を中心に、小売業、販売業、サービス業他、様々な業種を経験。

■実績

  • 監査法人に13年勤務、独立後も上場会社、会社法の会計監査に参加しています。

  • 上場会社の経理サポート(ハンズオンも実施)及び監査法人対応/決算、連結、開示作業等/キャッシュフロー計算書の作成、原価計算構築

  • IPO準備会社の上場関連資料作成サポート(Iの部、Ⅱの部、3点セット等)

  • 社会福祉法人の会計監査に参加

  • 幼稚園、保育園、自治体等の小規模会計監査

  • M&Aデュ―デリ、株価算定、企業価値算定

  • 事業再生(中小企業再生支援協議会)

  • 不正調査

  • 訴訟、和解のための会計資料、意見書の作成

  • 行政官庁の指導監査への参加


■強み

1.会計・開示・内部統制の上場会社監査(監査法人)の合格レベルを熟知しています。

2.上場会社監査に参加している現役監査人であり、上場会計の最新情報もキャッチアップしています。

3.内部統制評価、内部監査、内部統制の構築支援を一からサポートできます。

6.複雑な上場会社特有の会計基準に対応できます。

■その他

  • 公認会計士(登録番号 3-021199)

  • 認定経営革新等支援機関 第28号認定(2015年9月14日)


◆仕事の品質基準

期待を超えるプラスアルファの価値提供を目指す

◆経営理念

会計・内部統制・監査を武器に 企業の真っ当な成長に貢献する。

◆公認会計士とは

  • 企業会計の専門家

  • 会計監査の専門家

  • 内部統制監査の専門家

公認会計士は会社や法人の事業自体のリスクを評価し、そのリスク評価に基づき監査を行うことを生業とします。会社の外部の人間で、会社の事業計画や事業の存続性を真剣に見る数少ない存在と言えます。事業自体の存続性、経営管理組織の有効性、組織の健全性を外部の目で厳しく見ます。

会社や法人の全体を見ることを生業とすることからこそ、会計という武器を駆使し、会社や法人のお役にたてると考えています。

経験ある会計士は、いくつもの会社の経営管理の仕組みの整備、運用状況を見ており、特定の会社だけでなく、会社というものに対する理解を備えています。